昔から好きなホラー・難問書籍について

あたいは難問誌が好きです。昔はシャーロック・ホームズなどの簡単な類推売り物からムーミンシリーズやピーターラビットのビジュアルファンブックなど美しい売り物まで幅広く読んでいました。しかし高校になった位からスプラッターチックホラー画像ばかり観たり、難問ホラー誌ばかり掴むようになりました。その時機に姉に教えてもらった江戸川乱歩の短やり直しで、誌は完全に難問派になりました。
難問の取り分け何より不気味な伝記ものを好んで読んでいらっしゃる。とりわけ京極夏彦や夢枕獏のような化け物ものの誌を書くアーティストが好きです。江戸川乱歩は化け物の話は書きませんが、奇形や変質ヒトを件にした話が数多く、そんな国々から外れた異端なひとつをえがく講話に惹かれます。
江戸川乱歩の中であたいがダントツで好きな作が、「方椅子」だ。話題バレになるので講話は書きませんが、最後に二転三転やるどんでん返しには単に茫然としました。短編なのでサッと読めて手軽なのでおすすめです。
京極夏彦だと、ずいぶんエースではありますが「魍魎の匣」が好きです。長編なので苦手な人類は不得意かもしれませんが、時間をかけてよむ値打はありますし、一気に読み進めて仕舞う面白さだ。パノラマデスクリプションが甚だ賢く、津々浦々独特の全景が一気に浮かぶところが好きで「魍魎の匣」が嬉しいと見受ける人類であれば、「継母獲鳥の夏季」など種類で通してよむことをおすすめします。どれも長編ですが、面白いだ。
最近読んで面白かったのは、スティーブン・君主の短やり直し「乳マン」だ。全体的に陰湿でグロテスクで下品さをまとった作だ。もちろんこれはほめ単語だ。いくつか収録されておる短編の取り分け、中でも「浮き机」「生き残るやつ」がぞくぞくして面白かっただ。「浮き机」は化け物ものに間近いノリがあり、「生き残るやつ」は日常の中に狂気が混ざっているようなホラーだ。どれも書斎にしばしば置いてあるので、とにかく読んで下さい。

大人になってからの生まれの祝福のアプローチって?

今日は恋人の生まれ。
きのう、連絡なしに飲んできて、当たり前のように作ってあったごちそうの副食を食べた恋人の生まれ。
真っ直ぐ無性に祝福してあげたい一筋ではないけれど、ここは大人になってちゃんと準備して上げることにした。
こどもなら宝物は決まっているから試し易いけれど、恋人はお金が繋がる。
取りあず何か海鮮関連を・・・デパートで味付け済みのハマグリが468円。
なんだかんだお刺身を貰うよりは安く済むから買っておくことに。
イカフライドポテト、あとはフライドポテトしてサラダ作っておけばそれなりに頑張った感じになるかな。
ケーキも買わなきゃとWEBの評価評定のよかったお仕事場を目指してお出かけ・・・
なんだか見つけることができない・・・。
マップもきちんと確認してきたはずなのに、どこにもない。
やや探してもないので、諦めて、原則サイクルのケーキ屋君でチョコレートケーキを持続。
おショッピング行っただけなのに、苦しむし、路上に躊躇うしでうんざりした。
頑張った独力を褒めてあげよう!
しかし、近々また作らなきゃいけない独力を元気づけることができるだろうか。