地球部門惑星などに関して実践を通じていました

惑星などに関しまして研究しました。金星の大気は二酸化炭素を主成分といったし、気圧は地球の約90倍に及びます。また、金星の雲は濃硫酸でできてある。金星は地球によって日もののことと、大気や雲による強烈な温室働きにつき、見た目の気温は460℃にも達します。水星の見た目は、クレーターや崖が見られます。火星は、自転転回や自転メインの傾きが地球って似てあり、季節の下ごしらえがあります。火星には二酸化炭素を主成分とする大気がありますが、その体積は速く大気圧は地球の約170分の1にすぎません。火星見た目にはクレーターのほか、巨大な火山や峡谷が存在し、過去には水が流れていたと思われる河川の跡も見られます。また、2004時期の火星捜索車種オポチュニティーによる捜索では、水が存在した岩石学的裏付けも見つかりました。木星は太陽系最大の惑星で、半径は地球半径の11.ダブル、質量は地球の318ダブルだ。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。