いよいよ聴いて不覚にも涙がこぼれた私のはじめ曲

誰にでも好きな曲があると思います。
J-POPであったり、クラシックであったり、演歌であったり。
大ヒットしていなくても「これが私の一曲??」と受け取るMusicがほとんどあるでしょう。
どうにかご覧頂く通知は、私の大好きな曲への意欲を好きなだけ語らせて頂くものです。何とかおつきあい下さいね。

とうに20時世以上前になります。いやいや30時世位前文だ。
高校だった我々は、当時とりわけ好きなアーティストはいませんでした。
ドラマの主題歌や歌プログラムでにじみ出るJ-POPを漫然と聴いておりました。有難く耳に入ってくる音調に癒やされたり、強烈をもらったりしておりました。
そんな時、中学生世の中からのそばが貸してくれたカセットテープに入っていた曲に、ぶわっと涙が出てきました。

「あすへの往来」
シングルとして出された曲ではないので、知るお客は多くはないかもしれません。
アルバムの一番最後に収録されておる曲で、穏やかだけれども力が湧いてくるバラードだ。
詞の通知は、プロポーズを予測させるものですが、当時の我々は未だにピンときません。
ただ、”一緒に歩いていこうよ”と、アームを差し伸べられたようで、やたら心地よく、また、単独じゃないんだとホッとできたのを覚えています。
おんなじ高校生でそばだった奴らといさかいをもたらし、滅多に総出を失った先でした。
おなかを割って何でも話していたと思っていたけれど、掴みどころの無い違和感に苛まれていました。
それを思い切ってぶつけてみたら、背を向けて去っていきました。
そんな時に聞いた曲だ。

ひとしきり泣いて、何故かすっきりしました。
今は単独かもしれない。この先も単独かもしれないけれど、大好きな曲を携えて歩いていこう。
そんなふうに思えた一曲でした。

数年その後、嫁入り適齢期をむかえる頃には当時の私のレヴューは考え違いなんだと気付きましたが、それでもどうしても大好きな曲だ。

今は単独じゃないですよ。
あすへの往来を一緒に歩いてくれる我々にとっては最強のお客が居ますから、(笑)

乱文乱筆、失礼しました。

今年はなんだかしょうが紅茶が冷えによく効いている気がする

ここ数年ひどい冷え性で悩んでいます。
昨年までは、しょうが紅茶を飲んでもあまり効果を感じませんでした。
ところが今年、なんだかしょうが紅茶を飲むと一時的にではありますが冷え性が解消されている気がするんです。
だいたい、急に手足の先が氷のように冷たくなってしまうんですが、しょうが紅茶を飲んで少しすると、その冷たさがなくなるんです。
もちろん、しばらくするとまた冷えてきちゃいますけど。
だから、冷たくなってきたと感じたらすかさずしょうが紅茶を淹れて飲んでいます。
なんで今年はこんなに効きがいいのかまだわかりません。
もし数年の間少しずつ体質改善されてきているならうれしいんですけどね。
2年前、生理不順で婦人科に通い漢方薬を処方されて飲み続けた結果、いま生理も割と順調なんです。
だから、体の調子がよくなって、冷え性も解消されてきているのかも。
歳が歳なので、若い頃のように完調というわけにはいかないでしょうけど、今の状態から悪くならないように維持したいですね。