お兄さんの存在は知っていましたが、弟さんが勝つとは

先日、体操の全日本選手権が行われ男子は谷川翔選手が初優勝、女子は村上茉愛選手が3連覇を果たしました。男子は予選の段階からこれまで10連覇をしていた内村選手が5位となり「11連覇を逃してしまうのか」と話題になっていましたが勝ったのは予選1位通過の白井健三選手ではなく2位の谷川翔選手でした。谷川選手はまだ19歳になったばかりの順天堂大学2年生。154センチという小柄な体ですが、手足のつま先まで伸びた美しい演技が評価されてさらに内村選手にも白井選手にも勝ちました。
お兄さんは同じ順天堂大学の谷川航選手で、私は昨年存在を知りました。というのも、パット目を引くイケメンなのですぐに谷川選手の事は気になりました。それでも体操の大会でのテレビ中継はそれほど多くないため今年の全日本選手権で久々に見ることができたのです。けれど、もっと目を引いたのが優勝した弟の翔さん。弟さんがいるとは知らなかったのですが、また可愛らしい感じのイケメンでこれから兄弟で応援したいなと思いました。脱毛ラボ 体験